イールドカーブとは

債券の期間ごとの金利を結んだ曲線をイールドカーブという。横軸に償還までの期間を、縦軸に金利を用いる。イールドカーブに着目することで、債券市場の投資家が今後の金利水準をどう予測しているかを知ることが出来る。

投資家が短期金利の将来的な上昇を予想している場合、長期金利は将来の短期金利の上昇を織り込んで、短期金利よりも高くなる。逆に短期金利の将来的な低下が予想されている場合、長期金利は短期金利より低くなる。一般的に残存期間の長い債券ほど、流動性やデフォルトのリスクが高まるため、金利は高くなる。

イールドカーブが右肩上がりの状態にあることを順イールドといい、右肩下がりの状態のことを逆イールドという。長期金利と短期金利の差が小さくなり、イールドカーブが平坦になることをフラット化といい、長短金利差の拡大でカーブの傾きが大きくなることをスティープ化という。

景気が拡大傾向にあると考えられているとき、イールドカーブは順イールドの状態にあり、スティープ化することが多い。景気後退を予測する見方が強まるにつれて、イールドカーブは徐々にフラット化していき、場合によっては逆イールドの状態になる。

金融市場や経済を分析するには、まず金利の動向を予想する必要があり、そのためには経済成長率やインフレ率の予想が必要になる。債券市場の投資家たちによる、金利に対する見立ての総和が、イールドカーブとして現れてくるのである。